フィギュアの胴体の作り方について~胸郭を意識する

胴体を作るといつも側面が薄くペラペラになってしまう問題。そこで骨格図をよく見て、肋骨の形を真似てみたいいのでは無いかということでやってみました。

[ads]

IMG_6468

まだ前面だけですが、それになりに手応えあり。これで薄く伸ばしたファンドを皮膚に見立てて貼り付けていけばいい感じに胴体にメリハリがつけれそうです。

後日談

上半身に何か違和感があるが、どこがどう間違っているのか分からない、という状態が続いてましたが、自分なりの答えが見つかりました。今のところ

で違和感がありまくり。原因は、胸郭のふくらみに対する意識が無かったためと思われます。こんな感じ

この図でいうと、最初の2つの画像はまさに左半分のようになっていて、胸郭がぺったんこです。今まで、横から見ると、なんかペラペラしてる、という状態でしたが、この辺りに原因があると見て間違いないのではないかと。今後はこの点に注意しながら作業を進めたい。今作りかけのフィギュアの何体かもまさに同じ状態だったので、全面的に改造中です。

(Visited 867 times, 1 visits today)