盛り派・削り派?性格で決まる造形スタイル

フィギュアの造形スタイルは、大きく分けて、盛り派と削り派に分かれます。

どっちのスタイルがいい、という訳でなく、それぞれ特徴と向き・不向きがありますので、簡単に説明します。ちなみに私は削り派です。

スポンサーリンク

盛り派

盛りで作っていく場合、まず細い芯でカラダを作って、少しづつ盛っていくことになります。材料はファンドが向いています。盛るたびに、指でファンドを馴らしていくことで、表面処理の手間が少なくなるのがメリットです。

また、全体のバランスもとりやすいです。

欠点としては、ファンドをその都度、乾かしながら盛り付け作業を進めていくので、作業進度は遅くなります。じっくりと少しづつ進めるという性格の方は向いていると思います。材料はファンドと書きましたが、ドロッとしたパテは、流れてしまうのであまり向いていません。

スポンサーリンク

削り派

一方、削り主体で作っていく場合、削るのが前提なので、全体の形を大まかに作ってから、作業を進めることが出来ます。このため、初期段階のカラダ全体を作っていく作業の進みは速いです。

ここまでの作業はパパッと作って一晩放置すれば終わりです。材料にポリパテを使うと、さらに作業が速くなりますが、匂いが苦手なので私はファンドでやっています。

削りで作るときの最大のメリットは「削るのが楽しい」「表面処理が楽しい」これに尽きます。荒く盛って汚い面をナイフでキレイにして行くのが楽しい。表面処理も同様。

もし、これらの作業に楽しみを見出せるなら削りで作るのもいいと思います。

デメリットは、ケガの可能性が付きまとうこと。対策は万全に。

参考図書

フィギュアの教科書として名高い「フィギュアの達人」ですが、これは削りで作っています。ただ、しっかりカラダの構造などについて記述してあるので、盛り・削り両方対応可能です。

created by Rinker
¥1,600 (2020/10/02 00:06:04時点 Amazon調べ-詳細)

上級とありますが、全くの初心者でもこちらでOKです。削りの人はこれがあればいいんですが、ファンドを使う or 盛り という方は、もう一冊

があると、参考になります。センスが古いという問題はあるものの腕は確かで、ファンドを使う私にとって参考になります。