プロクソン ミニルーターを購入しました

ガリガリ削りたくてプロクソン ミニルーターを購入しました。

持ち方はこんな感じです。結構重く3分もやってれば疲れます。

スポンサーリンク

付属品

付属のビット(先端に取り付けるもの)は、砥石丸、砥石棒、フェルトパフ、丸削り、極小丸削りとドリル9種。

ドリルは3mm程のものから髪の毛くらいの細さのものまであります。砥石は刃物を研ぐものでフェルトパフは金属を磨いたりするものです。削りのものは小さすぎて広い面積を削る感じではないです。脇、鎖骨、へそ、背筋などナイフで作業しにくいところに使うと効率が良さそうです。

使用感

音は低回転では静かですが、高回転にすると結構うるさい。低回転では先端が弾かれるので、高回転での作業推奨とのことです。

買い足したもの

ガリガリ削るには先端部分を買い足す必要があります。「ハイスカッター」なるものが必要とのことでしたので、購入。

さらにホームセンターでコレ↓

と、アマゾンでこれ↓

を買いました。サンディングバンド7種セットですが、バンドをセットするドラムが2個ついてます(↑写真の左上)。ホムセンで買うより安かったです。サンドローラー7種セットは100均で買うサプリケースに入れると管理がラクです。見た目だけでは番手が分からなくなるので・・

カッター

カッターも別売り。取り敢えずダイソーで売ってた回転のこぎりを買いましたが切れ味が悪く、弾かれます。

が、回転のこぎりについていたダイヤカッターは良く切れました。これは使えます。
ダイヤカッターで切った脚の付け根↓

注意点

ファンドカスが凄いことになりますので、ハコを作ってその中で作業をしています。

IMG_5926

ダンボールの側面を円形にくり抜いて底を切ったビニール袋と連結。ここから手を入れます。ダンボールハコ上面は切って、透明の下敷きを被せる仕組みです。

ドリル

普通に使えます。軸打ちようの穴開けがラクになりました。

まとめ

使い方によっては作業効率を劇的に上げるリューター。余裕があれば買って損はないです。ただ先端部は買い足しが必要なので、予算を組むときはその点注意です。

後日談
服パーツを作るのですが、分厚くしないと作りづらいのでもっさりしがち。ルーターで削っていくことで、かなりの薄さに作ることが可能になりました。

(Visited 970 times, 1 visits today)