フィギュアの塗装 フィギュア作りの道具

「プチコンキュート」 購入レビュー 小型のエアブラシ用コンプレッサー

2014年12月17日

エアブラシ塗装に缶スプレーを使っていましたが、クレオスのMr.コンプレッサー プチコンキュートを買いました。今回はそのレビューです。

GSIクレオス Mr.コンプレッサー プチコン・キュート PS371

理由は趣味で楽しんでやっているはずなのに缶スプレーの残りを気にしながら缶スプレーを使い続けるのになんだかなぁ~となったからです。

プチコンキュートの使用感

プチコンキュートの実力ですが、空気圧が弱いです。空気が「プシュー」ではなく「ふぁさ~」と出てる感じです。

ただ、フィギュア塗装の場合はこれで十分です。

ダブルアクション式のエアブラシ(2mm)で塗装していますが、全く問題なし。プラモデルやネイルなど、比較的小さなものの塗装はこれで問題ないと思います。

使い始めのころは、塗料の薄め方などのコツ(※)がいりますが、この弱い圧がフィギュア塗装におけるデリケートなフワっとした吹付けや重ね吹きにぴったりです。

塗料の薄め方などのコツ

プチコンキュートは空気圧が弱いので、塗料はシンナーで薄めないと詰まって出てこないです。薄めに作って重ね塗りが正解です。

ネイルなどにも使えると思いますが、まさにフィギュア塗装の為のモノという感じです。

ココがおすすめ

稼動音が電動ハブラシの稼動音よりも小さい。夜間やアパート暮らしでも全く気にせず使用できます。

プリコンキュートでエアブラシの細吹きがラクに

細吹きに関しては、プチコンキュートのエア圧でちょうどいいですね。サブでこれを使ってる人が多いのも納得です。

また、使用後のエアブラシ掃除ストレスが軽減。エアブラシ使用後は掃除で結構なエアを消費するので、そのストレスが無くなったのはでかいですね。

近知ったのですが、エアブラシの洗浄(うがい)は回数より、一回の時間を長くとる方がいいようです。
一分くらいでいいんですが、エア缶で毎回そんなことをしてるとすぐなくなりそうです。

結論

多少塗料の薄め方の調整が面倒くさいなどの不自由はありますが買ってよかったと思ってます。

サフは缶サフでOK、なおかつフィギュアやプラモデルしか作らないという人ならMr.コンプレッサー プチコンキュートでいいと思います。

その他クルマ模型などの塗装(金属塗装など)などの用途も考えている人は(PS251 リニアコンプレッサーL5など)もう少し上のグレードがいいと思います。金属塗装だけ缶スプレー、というのもありだと思いますが。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥7,980 (2021/09/19 16:51:52時点 Amazon調べ-詳細)

-フィギュアの塗装, フィギュア作りの道具