フィギュアでのサフ吹きについて~肌色サフを自作

下地処理に使うサーフェサー(サフ)に関する過去記事を1つのページにまとめました。

スポンサーリンク

フィギュアでのサフ吹きについて

ファンドで作るフィギュアは、塗装前にサーフェサー(サフ、と略されることが多いです)を吹き付ける必要があります。

元々はプラモデル制作で使われるテクニックで、表面を滑らかにしたり、塗料を乗りやすくするために使われるものです。

ファンドで作ったフィギュアに直接塗料(ラッカーでもアクリルでも)を吹いても粘土に塗料がしみこんでしまうため、サフを使用します。グレーと白が主な色のバリエーションですが、肌色を塗る場合は白を使わないと黒ずんだ色になります。

また、サフは表面の小傷を目立ちやすくする、埋めるといった役割もありますが、ファンドで作るフィギュアに関してはあまりこのような用途での使用はおすすめ出来ません(今まではやってたんですが)。というのはサフの上にはファンドが食いつかないので、サフを吹いたあとの修正は面倒くさいんですね。どうしても完成に近づけたくてサフを吹きたくなりますが、やはりファンドの段階で完全に仕上げてからサフを吹くのが吉です。

スポンサーリンク

今までは
1回目:タミヤパテをシンナーで伸ばしたものを綿棒で塗りつけ、粗目の番手(80-100)のペーパーヤスリで磨く。サフが落ちても構いません。むしろサフを落としてく感じで磨いていきます。

2~4回程度:Mr.サーフェイサー 1000をシンナー(薄め液)で希釈したものをプロスプレーMk-2で吹き、最後にMr.ベースホワイトで仕上げる、という手順でやっていましたが、下から灰色の塗装が出てきちゃうと面倒が多いので、最近はいきなりMr.ベースホワイトで吹いちゃうことが多いです。灰色サフは傷を目立たせるという長所がありますが、無くても何とかなるものです。小傷を目立たせるという用途で使うときはなるべく薄めたグレーを使ったほうがよろしいかと。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥627 (2020/08/11 03:38:57時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥600 (2020/08/11 03:38:57時点 Amazon調べ-詳細)

【フィギュア塗装】 肌色サフを自作してみた

白いサフは、イマイチ小傷が見えにくい。かといってグレーのものを使うと、その上から改めて白サフを吹いて白くしないと、肌色の発色が良くない。ということで、「肌色サフ」を自作してみました。

3559

作り方はシンプルで、タミヤパテ(ホワイト)にシンナーとMr.ベースホワイトを混ぜて(Mr.溶きパテ ホワイトを使った方がラクだと思いますが持ち合わせていなかったので・・)、シンナーで適度に粘度を落とし、さらにMr.カラー C49 クリアー オレンジを少々混ぜるだけ。

created by Rinker
田宮模型
¥370 (2020/08/11 09:46:22時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥375 (2020/08/11 03:38:59時点 Amazon調べ-詳細)

写真ではサフを塗ったあと、ヤスリがけをしたので見えにくいですが、所々オレンジ~肌色になっているところが確認出来ると思います。傷が見えやすいわけではないですが、ホワイトよりはマシ。また、肌色っぽく見えるので、完成時のイメージが見えて、モチベーションが若干上がります。

フィギュアの顔塗装 白目部分をマスキングするか否か?

以前は白サフで作った下地を活かすべく、顔塗装の際に目をマスキングしていましたが、今回はマスキングせず、肌色になってしまった目を、後に筆で白く再塗装する、という手順でやってみました。

E58699E79C9F202015-01-18201320392001

写真左の目が肌色、右がその上から白く塗ったもの。塗料は隠蔽力(いんぺいりょく)が高いと言われるMr.カラー GX1 クールホワイトで筆塗りしました。かかった時間は一分程度。こうしてみると、マスキングは不要ですね。マスキングする手間より後から筆塗りする方がラクでいいです。また、マスキングすると塗装の層が出来たりしてしまうのもマイナスポイント。

created by Rinker
GSI クレオス(GSI Creos)
¥402 (2020/08/11 09:46:22時点 Amazon調べ-詳細)

また、筆塗りはエアブラシ塗装の前にやっちゃうとラクです。塗料皿にうすめ液を入れたもので筆を濡らし、塗装。その後、そのうすめ液で筆をあらい、残ったうすめ液をエアブラシ塗装に使う。ケチくさいですが、うすめ液はすぐ無くなるので節約したいところです。実際の作業現場はこんな感じです。

E58699E79C9F202015-01-18201320412037

肌色塗装自体については、こちらの記事をご覧ください。
フィギュアの肌色調色と塗装 | 初心者のファンドフィギュア制作記。