エアブラシの分解掃除~絶対にニードルが曲がらない方法

エアブラシは時折分解掃除をするといいです。が、一番気を使うところはニードルですね。ここを曲げてしまってはエアブラシがおじゃんです。なのでここではニードルを曲げないやり方をご紹介。

スポンサーリンク

エアブラシ分解掃除 手順

まずニードルキャップを外し、付属のレンチで先端部分を外します。

【ついた状態】
E58699E79C9F202014-12-27201220062032

【外した状態】
E58699E79C9F202014-12-27201220062057

この部品は細かいので失くさないで下さい。外すとき、付けるときにどっかに飛んで行きがちです。外した部品は塗料皿にでもMr.ツールクリーナーを入れ、しばらく浸して綿棒で拭けばキレイになります。カップの中も綿棒でOK。ベビー用の先が細いやつを百均で買うといいです。

次に、右の部分を写真のように外します。
E58699E79C9F202014-12-27201220072026

コレでニードルが自由に動く状態に。そして次が大事。ニードルを後ろからでなく、前から抜きます

E58699E79C9F202014-12-27201220072042

↑この写真で言えば、ニードルを左に動かして抜きます。洗浄後、差し込むときは、抜くときとは逆の動きで戻します。つまりニードルを右に動かして戻していきます。先端部が見えなくなるまで戻したところで、先端部を取り付け、ニードルを所定の位置に動かして完成です。ニードルのお尻の部分から差し込んで行くことで、ニードルの先端が曲がる危険性がほぼなくなります。普通に先端から入れて行くと、スイッチ部分にぶつかったりしてヒヤっとすることがありましたが、それがなくなったのはでかいですね。

後になりましたが、ニードルを外した状態で、エア(と塗料)の通り道と、カップ部分を洗浄します。エアの通り道は細いブラシがあった方がいいですが、代用出来るものであればなんでもいいと思います。私は↓のようなものを持っています。

エアテックス エアブラシ用クリーニングブラシ 4 約1.0mm ACB04

(Visited 1,464 times, 1 visits today)