造形に迷った時は骨格・筋肉を書き込んでみる

フィギュアを作っていると、違和感があるけどそれがどこから来るものかが分からない、という状況が良く起きます。ジーっと見ていて解決するときもあれば、そうでないときの方が多い。そんな状況で最近実践している方法をご紹介します。

スポンサーリンク

本を参考に、フィギュアに骨格・筋肉を書いてみる

見出し通りなのですが、まずは骨格をフィギュアに文字通り、鉛筆で書いていきます。骨格や筋肉を知る上でお勧めなのが、ハリウッドでも活躍する片桐氏の『片桐裕司のアナトミー・スカルプティング』。これについては別記事をご参照ください。

なお、『スカルプターのための美術解剖学』もおすすめです。

とにかく本を参考に骨格や筋肉を想像し、不自然なところはないか検討していきます。

多少ザツでも構いませんが、例えば、左のものだと、あばら骨の前の付け根がボコっとへこんでいます。また、右の画像のように、あばら骨下側の開き具合は、60度程度。さらに、両画像とも、骨盤のところのでっぱりがなく、メリハリがないということになっています。

横や、後ろからも同様に。

骨格を確かめて、大体OKかな、と思ったら、次は筋肉の付き具合を、また『スカルプターのための美術解剖学』や『スカルプターのための美術解剖学』などを参考に、書き込んで確認します。

なんの手がかりもないときは、有効な方法だと思います。