フィギュア 作り方

造形に迷った時は骨格・筋肉を書き込んでみるといいかも

2019年11月26日

骨格・筋肉を書き込んでみるといいかも

フィギュアを作っていると「違和感があるけどそれがどこから来るものかが分からない」という状況が良く起きます。

ジーっと見ていて解決するときもあれば、そうでないときの方が多い。そんな状況で最近実践している方法をご紹介します。

[amazon_auto_links id="3670"]

フィギュアに骨格・筋肉を書いてみる

見出し通りなのですが、まずは骨格をフィギュアに文字通り、鉛筆で書いていきます。

骨格や筋肉を知る上でお勧めなのが、ハリウッドでも活躍する片桐氏の『片桐裕司のアナトミー・スカルプティング』。これについては別記事をご参照ください。

[itemlink post_id="3830"]

なお、『スカルプターのための美術解剖学』もおすすめです。

とにかく本を参考に骨格や筋肉を想像し、不自然なところはないか検討していきます。

多少ザツでも構いませんが、例えば、左のものだと、あばら骨の前の付け根がボコっとへこんでいます。また、右の画像のようにあばら骨下側の開き具合は60度程度。

さらに両画像とも骨盤のところのでっぱりがなくメリハリがないということになっています。

横や、後ろからも同様に。

骨格を確かめて「大体OKかな」と思ったら、次は筋肉の付き具合を『スカルプターのための美術解剖学』や『スカルプターのための美術解剖学』などを参考に、書き込んで確認します。

なんの手がかりもないときは有効な方法だと思います。

-フィギュア 作り方
-

こちらの記事もおすすめです

柏崎星奈 フィギュア 顔

フィギュア 作り方

2023/2/3

フィギュア制作におけるコツなど

石粉粘土を使った自作フィギュア制作におけるコツなどを、1つのページにまとめました。

フィギュア製作 3日目 ファンドで胴体と腰をつなぐ

フィギュア 作り方

2023/2/3

石粉粘土を使ったフィギュアの作り方の手順

ファンドフィギュアのフルスクラッチでの制作手順について、自己流ですが、記しておこうと思います。およその目安として、作業日数を書いていこうと思います。

やすりがけの道具

フィギュア 作り方

2023/2/3

フィギュア制作における効率のよいヤスリがけの方法

フィギュアを製作する際に必要な工程である「ヤスリがけ」のときに使っている自作の簡単な道具の紹介です。

フィギュアの手の作り方

フィギュア 作り方

2023/2/3

ファンド(石粉粘土)でフィギュア製作~腕、脚、すねの作り方

ファンド(石粉粘土)でフィギュアを製作する際、腕や脚など各パーツの作り方とポイントを紹介します。

自作マリィのフィギュアの顔をかたどってみた

フィギュア 作り方

2023/2/3

おゆまるの代替品「型取りくん」でフィギュアの顔を複製してみた

「おゆまる」が全然見つからないのでアマゾンにて「型取りくん」を購入しました。使い方を解説します。

くびれがなく胴体がもっさりする問題の解決法

フィギュア 作り方

2023/2/3

【フィギュア制作】くびれがなく胴体がもっさりする問題の解決法

ファンドでフィギュアを製作していますが、どうも胴体にクビレがなくもっさりとしてしまいがち。これまで原因が分からなかったのですが、解決の糸口が見えたのでご紹介します。